1. ホーム
  2. ブログ

Blog

2019.09.052019 S&Dショウご来場ありがとうございました。



2019年8月29日(木)~31日(土) 
東京ビッグサイト青海展示場Aホールにて開催されました
第61回サイン&ディスプレショウ2019では、御多忙にもか
かわらず弊社ブースにお立ち寄りいただき誠にありがとうございました。

『Canada Quest(カナダクエスト)』
CR90以上の高演出LEDで、グラフィックデザインに最適な
LEDポスターパネル

『LED内蔵エングレービングパネル』
最大3mx1.5m。RGBフルカラーやCCT色温度調光にも対応
可能なエッチングパネル

沢山の方々が新商品にご興味を持っていただけたこと、大変嬉しく
心より感謝申し上げます。

また会場では、対応させていただくことができなかったご要望・ご質問
等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

今後とも皆様のご期待に沿えますよう、社員一同全力をあげて社業に
努める所存でございますので、何卒、末永くご愛顧くださいますよう
お願い申し上げます。


2019.07.10光天井ユニットSolid ss


 " 色の再現性豊かに明るく影の無い空間をつくる "
    高演出光天井ユニット『Solid ss』

わずか35mmで仕上げる事の出来るSolidss(ソリッドエスエス)

高い信頼性とデザイン性を兼ね備え、抜群の照度と柔らかい
光りが幅広い分野で注目されています。

ハイパワーでありながらグラフィック出力も可能なことから、
医療関係に於いて患者目線での空間づくりや化粧品店舗・
アパレル店舗・ミュージアムなどでもご使用いただけます。

特寸・異形・円形のにも対応可能です。

こちらから→「カタログ請求


2019.06.03某駅・天吊り誘導サイン




長さ6.5m(画像)、一番長い箇所で10mの天吊りサインを製作・設置しました。

サイズが大きく台数もあることで、今回は製作・配線・設置です。

導光板の仕様は、LED内蔵導光板 t6mmを2枚合わせ両面発光にしています。

導光板は全体の長さから分割サイズを決め製作しますが、LEDは基盤長さで
カットすることから、導光板サイズを均等割りすることでつなぎ目に影が発
生する場合があります。

また、長く幅の小さなサイズは運ぶのも容易ではないことから運搬でトラブ
ルが発生するという事も考えられるため、総合的に良い分割サイズを決めて
いきます。

LED内蔵導光板は、1枚でも1mm単位でサイズを製作できるこでこのような微
調整が可能になります。


電源は、スイッチング電源を使用。

ほこりによる発火などをさける為、スイッチング電源は天井裏にそのまま
設置するのではなく電源ボックスを製作し納めます。

設置時期は寒く駅構内の為夜間工事でしたが、弊社施工部隊もしっかりと
防寒着を着用し配線・設置を行い無事完了しました。



製品ページはこちら
  「LED内蔵導光板
  「スイッチング電源12V/150W

2018.11.01百貨店テナントサイン


《百貨店テナントサイン・小ロット短納期に対応!》


アップルパイ専門店のショップサインとして
ベゼルライトパネル」が採用・決定しました。

特注サイズ1350mm×1080mm、フレームは赤色シート貼り。

ベゼルライトパネルは、開閉式でありながら厚みわずか15.8mmの超薄型です。

デザインが特徴的で見附幅は30mmですが、表面の透明ポリカーボネイトに
裏面からシルク印刷。

フレーム見附は4辺に2mmしか見えずスタイリッシュで高級感を持ち合わせた
アイテム。 意匠的に優れた、機能美とデザイン性を兼ね備えた製品です。

カスタム対応可能なのはサイズだけではなく、DC入力ケーブルの長さと
出し位置、開閉扉の吊り元は短辺、その他・・・細部に渡り特別注文に
対応し、デザイナーの要望と現場の要求にも対応致します。

当然のことですが、出荷前検査の項目は多くなりますが、ひとつひとつ
丁寧にチッェクし出荷致します。

確認スタッフは現場設置経験者。
施工者の気持ちになって事前確認しています。

通常1辺が1200mm以上のサイズは木枠で出荷致しますが、
今回は段ボール梱包で1台を特急。
軽量化・ローコストで製品提供することも大事な仕事。
梱包資材の選択も梱包方法にも細心の注意を施します。

カスタム品の破損は、現場では致命傷となること必至を知ってる
スタッフの心意気が梱包に現れると考えています。


製品ページはこちら「ベゼルライトパネル

2018.09.19某別荘 間接照明モックアップ



ただいま海岸近くに建設中の某別荘。

お話を頂いてから数か月・・・
雨がパラパラ梅雨の日、真夏のカンカン照りの日、そしてそして台風当日も、
打合せや現調などで何度か現場事務所を伺っていましたが、間接照明のモック
アップがいよいよ始まりました。

お施主様がとてもこだわりのある方なので、いろいろな箇所をモックアップし、
ひとつひとつ確認です。

間接照明にもこだわりがあり「灯具をここに設置したい!」「スポット照明
ではなく間接照明だけで地明かりを取りたい!!」などなどアイデア豊富です。

同じ製品でも取り付ける方法によって光り方は様々。

LEDの製品性能だけでは、壁・天井にどのように配光されるか?  どのぐらいの
明るさなのか?  実際の仕上がりはイメージしにくいものです。 

また、取り付け位置によってもかなり変化します。

そんな時は、取付け箇所のサイズに合わせ木材でモックアップ!
木材をカット・組み立て・白塗装も3度塗り。
若干趣味の世界に没頭。
(写真は2度塗りのものです)

今回は、壁への照射範囲・色味確認の為、現場に実際に使用する材料で
漆喰壁を作りその壁を照らしました。
 
間接照明を設置することで、リラックス空間や立体感を表現することも可能です。

また、天井が低い場合でも空間の角を隠すことで圧迫感が軽減できます。
 
今回のモックアップではOKを頂けたのでひと安心。
 
帰りは海を見ながら浜辺で遅めのランチです。



2018.06.18DSJ2018 ご来場頂きありがとうございました。


2018年6月13日(水)~15日 幕張メッセで開催されました

「デジタルサイネージジャパン」では御多忙にもかかわらず弊社ブースに
お立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。

皆様のおかげをもちまして、3日間盛況のうちに展示会を執り行うことが
できましたことを心よりお礼申し上げます。

沢山の方々にご興味を持っていただけたこと、大変嬉しく心より感謝申し上げます。

また会場では、対応させていただくことができなかったご要望・ご質問等
ございましたらお問い合わせ下さい。

今後とも皆様のご期待に沿えますよう、社員一同全力をあげて社業に努める所存で
ございますので、何卒、末永くご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

2018.05.03広島を知るシリーズ「せらバーガープロジェクト」


GWは広島県北部に位置する「世羅高原農場」が最高です。
この時期は75万本のチューリップ! 花は心をしあわせにしてくれます。

日本テレビ系列「世界の果てまでイッテQ!」でおなじみの、いとうあさこさんも
訪れた場所で、県外の人だけでなく海外からの観光客も数多く訪れていました。

地元広島テレビ放送の制作部長オススメの場所でもあり、シーズンごとに
テーマとなる花を一同に咲き連ねる手法だが、いつ訪れてもご当地バーガーである
「せらバーガー」の味を一段と引き立ててくれる最高の演出となっています。

世羅高原農場のせらバーガーは、「世羅高原豚のミルフィーユバーガー」
ミルフィーユ仕立てが歯切れも良く、脂もしっかりのっています。

やはり、人が感動するには3覚以上かな!?(視覚・味覚・嗅覚…)

街中は広島フラワーフェスティバルで大渋滞しているので、
山中の花園巡りは穴場ですね。

2018.04.24セルコホーム愛媛中央モデルハウス


愛媛県松山市に、カナダの輸入住宅を展開しているセルコホーム愛媛中央様の
モデルハウスが5月2日にオープン。

アメリカ販売実績No,1「Ashley(アシュリー)」の家具を納入しました。

カナダ輸入住宅とはあまり聞きなれないのですが、日本国内販売戸数、
これまたN0,1です。

特徴は…多彩なデザイン、高機能性、住宅性能が世界水準…と、
快適を徹底追及した進化住宅。

それもそのはず!
床のフローリング表面から床下空間までの厚みが断熱材などで
50cm以上はありましたね?!

松山市のモデルハウスは、レンガ貼りの外観で、とても素敵なデザイン!
国内にいながらまるで海外気分です。

弊社の納入は、4月25日~26日に行われましたが、まだまだ工事中の現場に
大きな家具納入は結構な作業でしたが、職人さんのパワーで、
無事設置完了しました。

2018.03.31水銀灯をLEDに! (本工事編)



先月、工場の水銀灯を試験導入でLEDに交換いたしました。

「とても明るい!  全部交換して欲しい!」とご依頼をいただき、追加で
23灯 LEDに交換。

既存水銀灯400WからLEDハイベイランプ250Wへ交換し、明るくなった
のに消費電力は下がっています。

またスイッチON!で、すぐに100%の明るさに点灯することもエコですね。

弊社は輸入から行っていることで、お客様へコストを抑えたご提案を
しております。

また、工事も弊社でお請けすることが可能です。

2018.02.28水銀灯をLEDに! (試験導入編)


工場の水銀灯を「そろそろLEDに変えたい」というお話を頂き、
試験導入工事を行いました。

工場の一部分のエリアに6灯、LEDに交換いたしました。

2018.02.01初めまして! 


この度、新会社「株式会社コンクエスト」を2018年2月1日に立ち上げました。

私はもともと、創設1993年 広島でスタート。

展示ブース制作の仕事で国際展示場で開催された「ジャパンショップ」の
会場に行きました。

そこに韓国企業が出展していた「光る板」に出会い、これは行ける!と直感。

ハングルなんて全く分からない。 
でも、今の想いを!! と韓国企業に直接電話をかけました。
「電話が繋がった!」と思った瞬間、うんんん・・・困った。

しかし想いは通じるものです。

たまたま、日本語ができる社員がいた!
自分の想いを必死に伝え、日本への輸入にこぎつけ、4年後には日本の総代理店に。

「光る板」何それ?
「光る板」なんて売れるの?   
始めはよく言われたものですが、導光板+LEDで今までいろいろな製品を
創ってきました。

サインパネルから始まり、
光り床・光り壁・光り天井などの建築照明。

ディスプレーでは化粧品什器の棚板や天板。

公共事業では誘導表示器・信号機などなど・・・

小さなたばこ屋さんから、商業施設・オフィスビル・マンション・高速道路。

北は北海道~南は沖縄まで、全国を飛び回り納めてきました。

完全燃焼をしたわけではないけれど、人生は長い様で短い。

だから、
他に興味のあることにも展開させていきたいという想いと枠にとらわれずに
関わりたいという想いで、コンクエストを立ち上げ古巣の広島からまた
新たにスタートさせました。

これからもたくさんの方と出会い、仕事を楽しみながらやっていけたらと
思っています。

今後とも、よろしくお願いいたします。